行政書士にこの勉強法は必要不可欠です。

私が行政書士の勉強をしていて重要だと感じたのは、繰り返すということです。
つまり、復習です。

あくまでもイメージ的なことですが、新しいことを10覚えるより、5くらいの知識を何度も繰り返し復習した方が、行政書士に合格できる可能性は高いと思います。

実際に行政書士の試験を受けてみればわかりますが、出題される問題は、毎年似たいようなある一定範囲からです。
つまり、出題範囲は広くても、実際に覚えなければいけない知識はそれほど多くないのです。

しかし、行政書士に合格できない人を見ると、あれもこれも勉強しようとしてしまい、
一つの知識に対する理解が足りません。
確かに、全ての出題範囲を一折り勉強しなくては、不安になる気持ちもわかります。

しかし、行政書士の出題範囲を全て勉強しようと思えば、一日中勉強しても1年や2年で終わらせる量ではありません。
それよりも、出題頻度の高い分野の学習を徹底的にこなし、確実に点数の取れる問題を増やした方が合格の可能性が高くなります。

ただ、出題頻度の高い分野をどのように勉強すれば良いのかは、
独学で難しいと思います。
決して無理ではありませんが、そのためには長年の学習経験が必要になるので、
知識のない初級者には少し無理があります。

そのように言ってしまうと、結局「通信教育を受講しろ」と言うことだと思われてしまいますが、
実際はその通りです。

正直申し上げて、今の行政書士は独学で勉強する試験ではないと思います。
もちろん、独学で合格できる人もいますが、それはある程度勉強ができる人です。
もし誰でも独学で合格できる試験なら、合格率が1桁台と言うことにはなりません。

ここで行政書士の試験を冷静に読み取って欲しいと思います。
普通に市販されている教材を購入して合格できる試験が、10人受験して1人も合格できない結果になるでしょうか?
そこを理解すれば、行政書士に合格するためのヒントがわかると思います。

Next Page