私が行政書士を独学で勉強して感じたこと

今更ながら私が行政書士を独学で勉強して感じた事は、
行政書士は独学で勉強する試験ではないということです。

というよりも私も含めた多くの方は、独学で勉強するレベルにないのです。

突然ですが、学生時代を思い浮かべて下さい。
皆さんは例外なく学校や塾などで、講義を聞いたり、
直接教えてもらいながら、勉強していたはずです。
そのおかげで、目的の大学や高校に合格出来たいと思います。

もしそれが仮にテキストと問題集だけ渡されて、好きに勉強してくれと言われて、果たして合格出来たでしょうか?
多分ほとんどの方は、合格はおろか勉強すらしなかったと思います。
行政書士を独学で勉強するということはそういうことです。

しかも、行政書士を受験する多くの方は社会人で、学生時代のように勉強時間をとる事は出来ません。
仕事の疲れやストレスで1時間勉強するのも苦痛なはずです。

そうした状況にも関わらず、多くの方は独学で勉強してしまいます。そして挫折していくのです。現に私もそうでしたから。

もちろん、独学で行政書士に合格する方はいます。
しかし、それは本当に学習ができる人か、
どんな辛い状況になっても諦めず最後までやり通せる方だけです。

皆さんも自分を見つめてみてそうした力があるでしょうか?
失礼ながら大半はない方だと思います。
もし仮にそうした力がある方ばかり行政書士に受験すれば、
あれだけ低い合格率になることはありません。

それが私が独学で勉強してみて感じたことです。

Next Page