行政書士を独学で学び、極貧生活から脱却!

夜の仕事と同時並行で、行政書士の勉強も行っていました。
正直生活環境は最悪でしたが、 その分ハングリー精神を持って勉強することが出来ましたし、店長からもらった フォーサイトの教材のおかげで、何とか勉強していけました。
前回不合格だった時よりも勉強時間そのものは、少なかったと思います。

教材には勉強の方法を書かれていて、基礎知識の覚え方、過去問・復習の重要性など今まで知らなかったことを学ぶことが出来ました。
一番助かったのは講義を収録してあるDVDでしたね。
しかも専用に収録したものですから、 マンツーマンで勉強しているかのような感じで、スムーズに知識を吸収することができました。

どうしてもテキストだけでは限界がありますから、DVDと併用することにより勉強の効率を上げていけたのではないかと思います。
又余計なことは載っていなく、要点が求まっていたので、 無駄な勉強をする必要がありませんでした。勉強したことは本試験でほとんど解けてしまうほど優秀な教材でした。

本試験はかなり緊張しました。前日はたしか一睡も出来なかったと記憶しています。
通常なら緊張で普段解ける問題も解けなかったのでしょうが、復習は欠かさずおこなっていましたので、それが功を奏しうまく試験を乗り切れることができました。
試験が終わった途端、受かったと思いました。自己採点でも十分合格ラインに届いてしましたから、合格発表まで多少の不安はあったものの、まず間違いと確信できました。
掲示板に書かれた合格者の受験番号をみて、今までの苦労が報われ、ほっとしたのか、 しばらく風邪で寝込んでしまいました。

合格後は夜の仕事をやめ、様々なバイトを掛け持ちし、引越し資金と開業資金を作る為にお金を貯めました。
開業資金と言っても自宅で事務所を構えますので、ほとんどお金はかかりません。
ある程度お金がたまり、広い家に引越しをしていざ開業準備に取り掛かろうとおもいましたが、よくよく考えれば、何をどうして良いか、わかりません。

どのように顧客を獲得していけばよいのか、どのように仕事をしていけばよいのか全くノウハウがないので、今は知り合いの人に紹介してもらった行政書士の事務所のお手伝いをしています。
手伝いといっても仕事はしていますから、たぶん同年代の普通のサラリーマンよりも高額な収入を得ていると思います。
いつかは独り立ちして、あれだけ憎かった父ではありますが、東京に呼び寄せて一緒に住みたいと考えています。
少し前なら、ありえないことですが、色々経験して私も少しは大人になったのだと思います。

Next Page